積み重ねた仕事が未来を築く

MENU

高等学校の方腕を磨き、腕を誇る。
ゼロから学べる環境がここに。

技能職(築炉工)

技能職(築炉工)積み重ねた技で、「炉」をつくる。
その職人力が、私たちの誇りです。

さまざまな工業炉(溶鉱炉など)を保護している耐火レンガを新たに積んでいく仕事です。「鉄」の製造に欠かせない、暮らしや産業を支える大事な仕事です。

ゼロからのスタートだったレンガ積みの仕事。
0.何ミリまでこだわる世界は、シビアだけど面白い。

千葉営業所 技能職 築炉工 飯束拓真 2013年入社

技能職(配分工)

技能職(配分工)細かな点検・補修で「炉」を守る。
そのメンテナンス力が、私たちの売りです。

製鉄所での「鉄(鋼)」の製造に欠かせない『取鍋』をメンテナンスしたり、保護している耐火レンガを点検する仕事です。製鉄プロセスを円滑に進めるための重要な役割を担っています。

頼れるリーダーがいる。話せるムードもある。
他の職場との連携もしやすく安心して仕事ができる。

千葉営業所 技能職 配分工 蝦名竜輝 2014年入社

技能職(クレーン工)

技能職(クレーン工)クレーンひとつで現場を動かす、
その腕と技が、私たちの自慢です。

製鉄所内の天井クレーンを操作してさまざまな設備やレンガなどの資材・建設機械等の運搬を行います。人の手では動かせない、大きなもの・重たいものを運ぶ重要な役割を担っています。

やってみる。合う合わないはそれから。ヤマサキはそれが許される。
自分にはクレーンが合っていた。

水島営業所 技能職 クレーン工 冨吉智洋 2005年入社

山﨑高等技術専門校SCHOOL

山﨑高等技術専門校は、株式会社ヤマサキが運営する教育施設で、技能職(築炉工)が所定の給与を受けながら、職業に必要な専門的技術・技能と関連知識を短期間に習得する学校です。
その教育目標は、ヤマサキグループの中堅技能者として卓越した技能、円満な人格を兼ね備え、職業人としての 誇りと自覚をもって社会に貢献する人材の育成です。 教育計画は、職業能力開発促進法に基づいて行っています。当校は、全国でもめずらしい「築炉科」を有する福岡県知事の認定を受けた職業能力開発校です。また当校では、各種プラント設備に必要な配管の加工技能を習得する「プラント配管科」も併設しています。

職人に憧れていた。「築炉」をつくる技術は、AIにはまだまだ無理。
だからヤマサキへの入社を決めた。

山﨑高等技術専門校 技能職・築炉科(訓練生)
秋山光輝 2018年入社

「築炉」は一人ひとりの技術の結晶で出来上がるもの。
その達成感は、他と比べられないほど大きい。

山﨑高等技術専門校 技能職・築炉科(訓練生)
川上喬志郎 2018年入社

資格取得について

築炉工は、山﨑高等技術専門校を修了すると翌年に2級技能検定を、さらに合格後に2年の実務経験を積むと、1級技能検定が受検できます。

  • 技能照査(卒業試験)の合格者には、技能士補の称号があたえられます。
  • 卒業後すぐに2級技能検定が受検でき、その際技能照査合格者は学科試験が免除されます。
  • 2級技能検定合格後、2年の実務経験で1級技能検定試験が受検できます。
  • 技能検定は国家技能資格であり、その合格者には技能士の称号があたえられます。
  • 1級技能検定合格者は、職業訓練指導員試験を受検することができます。
  1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目
山﨑高等技術専門校 入学・卒業 2級技能士取得 1級受験に必要な実務経験 1級技能士取得  
一般 2級受験に必要な実務経験 2級技能士取得 1級受験に必要な実務経験 1級技能士取得

配分工・クレーン工は、クレーンやフォークリフト、玉掛けなど業務に必要な資格の取得も全額援助致します。

教育日程について

築炉工は、下記1年間のスケジュールで築炉技能習得の教育を受けていただきます。

配分工・クレーン工は、入社後OJTにて一から教育指導致します。

よくあるご質問Q&A

  • Q仕事に必要な資格等はありますか?

    • A入社前に必要な資格はとくにありません。入社後に、クレーン免許や築炉技能士など、職種ごとに必要な資格を取得していただくと、技能手当として給与に反映されます。是非スキルアップに励み、資格の取得を目指してください。
  • Q工業科の学科ではありませんが大丈夫ですか?

    • Aはい、全く問題ありません。実際に普通科や商業科など様々な学科の出身者が活躍しています。
  • Q研修制度はどのようになっていますか?

    • A築炉工については、入社後「山﨑高等技術専門校」に入校し、約1年間の訓練を受けていただきます。そこで実技・学科・安全衛生についてしっかり学んでいただきます。配分工・クレーン工については、入社後すぐに各職場に配属されますが、OJTを通じて日々先輩から指導を受けたり、クレーン学校に通って免許の取得を目指します。
  • Q山﨑高等技術訓練校の教育日程に、集合訓練とテクニカル校との記載がありますが、その違いは何でしょうか?

    • A集合訓練とは、福岡県大牟田市にあるベーシック校(本社専門校)において、合同で学科及び実技訓練をカリキュラムに沿って行う教育訓練です。テクニカル校とは、ヤマサキグループ各営業所において行う実地訓練です。応用実技訓練を主体とした小グループでの訓練を行います。
  • Q配属はいつ頃、どのようにして決定するのでしょうか?

    • A基本的には採用内定時もしくは山﨑高等技術専門校入校時に通知致します。
  • Q勤務地は、希望通りになりますか?

    • Aご希望はお聞きしますが、必ずしもその通りになるとは限りません。理由としては、ご本人の適正を見ながら、どの営業所がその人を成長させる最適なステージかを、会社として判断し勤務地を決定しているためです。
  • Q配属後、転勤はあるのですか?

    • A原則として転勤はありません。
  • Q残業はありますか?

    • A職種にも依りますが、月20時間〜30時間程度ございます。
  • Q寮や社宅等はありますか?

    • A独身寮および社宅を利用することが可能です。ただし、配属された営業所によっては準備できないところもありますので、その場合は一般のアパート等を会社で借り上げるという形でサポートしています。
  • Q育児・出産休暇の体制と実例を教えてください。

    • A出産につきましては、就業規則にて産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後10週間の特別休暇を届出により受けることができると定めています。育児休業につきましても規程により、申請して取得することができます。実例としまして、本社や各営業所において出産・育児休業を取得した例が数多くあります。
  • Q年次有給休暇について教えてください。

    • A正社員新卒採用につきましては、入社初年度の開始日より10日間付与いたします。中途採用につきましては、入社月により法に沿った日数を比例付与いたします。
      なお、未成年者で山﨑高等技術専門校に入校した場合は、職業能力開発促進法に基づき入社初年度の開始日より12日間付与いたします。
  • Q応募はどのようにすればよいのでしょうか?

    • A高校新卒者につきましては、学校の進路指導室にお問い合わせ下さい。中途採用をご希望の方は当サイトのエントリーよりお進みください。
  • Q社内や現場への見学はありますか?

    • A可能な限り対応させていただきます。お気軽に採用担当者までお問い合わせ下さい。
  • QOB・OG訪問をさせていただきたいのですが、できますか?

    • Aお問い合わせいただきましたら、可能な限り対応できるよう調整致します。
  • Q選考方法について教えてください。

    • A一般教養、適正検査、基礎的な体力検査、面接を行います。
  • Q選考で有利になる資格はありますか?

    • A選考において特定の資格保有者の優遇はありません。
  • Q職場の普段の雰囲気はどのような感じですか?

    • A日によって作業する現場が異なるため、始業時には事務所で必ず当日の作業内容や安全対策のミーティングを行います。全員がその会議に参加し、現場に向かい気を抜くことなく作業を行います。内容によっては、危険と隣り合わせの現場もあるため、安全最優先を心がけています。その一方で、現場詰所での休憩や昼食時には仲間や上司となごやかに談笑。社員がリラックスできる環境づくりに努めるなど、ONとOFFがはっきりした職場と言えます。
  • Q求める人材について教えてください。

    • A好奇心豊かで、自ら新たな価値の創造に挑戦していける人。自分の思い・考えに情熱を持ち、それを発信できる人、周囲を巻き込み協力し合いながら、粘り強く高い目標を達成できる人をお待ちしています。